Re*poN-Logoフィルム資料整理の様子
一般社団法人 学術資源リポジトリ協議会
 
お知らせ >> 記事詳細

2017/09/12

近現代資料の整理・保存・アーカイブ化に悩む実務者たちの勉強会

| by H.HORII
 以下の通り、近現代資料の整理・保存・アーカイブ化に関する勉強会を開催します。

日時:2017年10月4日(水)15:00-18:00 
場所:国立情報学研究所(東京都千代田区一ツ橋2丁目1−2) 1901会議室

参加申し込み:info@repon.org へメール または、Fecebookページから

趣旨:
 近現代に生成された資料は、それまでの近世社会で作られた資料と異なり、種類・量ともに極めて豊富に現存している。これらの資料は、明治期以降の激しく変動する政治・社会の中で、さまざまな人々の暮らしや仕事、文化的な営みの過程で生み出された、人類の変化の指標となる、貴重な文化遺産である。
 しかし、これらの資料は、その内容・質・現存する形態が、あまりにも多種多様かつ膨大であることから、取り扱いに多くの困難を抱えているのが現状である。
 そこで、この度、こうした近現代社会で生み出された様々な資料(以後、近現代史資料と総称)を理解し、それらを整理、情報化する方法、現在社会への活用、未来への継承について議論し、情報・知識を共有する勉強会を開催する。

対象:近現代史資料の整理・調査・研究に関わる実務者・研究者

話題提供:

◯文献資料について: 合同会社AMANE 堀井美里
◯写真資料について: 公益社団法人日本写真家協会 日本写真保存センター 中川裕美
◯映像資料について: 北海道大学総合博物館 山下俊介

*その他 話したい人、現在募集中です。

主催:一般社団法人学術資源リポジトリ協議会
共催:合同会社AMANE


10:56 | お知らせ